糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療〜シックデイ対策

人間の体は病気になると、血糖が上昇しますので、いつもの治療だけではコントロールが悪化することがありますので、糖尿病の人が他の病気になった時、それが風邪や腹痛・下痢など軽い病気でも油断は禁物、糖尿病と新しい病気の療法を治療する必要があります。

対応を誤ると病状が急変し、場合によっては昏睡(※ケトアシドーシス昏睡・※非ケトン性高浸透圧性昏睡)で死亡するという最悪のケースもありますので、早い段階で病気を治してしまうことが最重要です。

※ケトアシドーシス昏睡
急激な高血糖とケトン体の増加で、血液の酸性化が進んで起こる昏睡のこと。

※非ケトン性高浸透圧性昏睡
急激な脱水症状で高血糖となって起こる昏睡で、高齢者がなりやすい。

糖尿病の人が、他の病気になった状態を「シックデイ」といい、病気に対応するためいろいろなホルモンを出してきます。また食事がとれないとか発熱・下痢での脱水症状などの要因により、血糖が上昇してしまいます。糖尿病では代謝機能が簡単に破綻して病気が重症化しやすいので、特に注意が必要です。

「シックデイ」の基本的な対応・対策
1.温かく安静にしよう。
2.「食欲不振・下痢・おう吐・強い腹痛・高熱・高血糖が続く」などは特に注意が必要。主治医に連絡して早めの対応を。
3.「血糖値・尿ケトン体・体温・食事量・自覚症状」 などの必要な検査をして、現状の把握を。
4.食事や水分、電解質(塩分、カリウム)をできるだけとりましょう。
5.女性は、月経周期で血糖値が変化するので、変化のパターンを把握して適切な処置を。
6.他の病院にかかる時は、糖尿病の治療内容のメモ・主治医の連絡先・糖尿病健康手帳を持参。
7.出張や旅先で病気になった時のため、「健康保険証・糖尿病健康手帳・常備薬・ブドウ糖」などは忘れずに持参。

関連コンテンツ

糖尿病と骨粗しょう症について

骨粗しょう症とは「骨代謝」のバランスが崩れ、骨がもろくなる状態です。 骨の細胞には3種類(骨芽細胞、骨自体を維持する骨細胞、骨を壊す破骨細胞)あります。骨が古くなると破骨細胞が破壊(吸収)し、骨・・・

糖尿病患者は感染症にかかりやすい!

感染症とは、体内に侵入した細菌類が増殖して、様々な症状(「肺炎」「膀胱炎」「腎盂炎〈じんうえん〉」「皮膚炎」「歯肉炎」「風邪」など)を起こす病気のことです。 糖尿病患者の人は感染症にかかりやすく・・・

糖尿病の治療〜脳梗塞・心筋梗塞

日本人の脳梗塞・心筋梗塞の発症率は増加の一途を辿っています。糖尿病の人は正常な人の2〜3倍もこの病気になる可能性があり、また脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます・・・

糖尿病の治療〜通風の予防

痛風は、血液中の尿酸の濃度「尿酸値」が高い状態が続く病気で、国内の痛風の人は約30〜50万、尿酸値が高い「無症候性高尿酸血症(痛風予備群)」の人は約 500万ほどです。 高尿酸血症は、遺伝的な体・・・

糖尿病の治療〜高血圧・動脈硬化

血液が流れる時に血管の内側にかかる圧力(血圧)が高くなった状態を「高血圧」といい、脳卒中や心筋梗塞などの病気も、糖尿病や高血圧の複合的な影響で動脈硬化が進行し発症するケースが多いです。 高血圧の患者・・・