糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療〜脳梗塞・心筋梗塞

日本人の脳梗塞・心筋梗塞の発症率は増加の一途を辿っています。糖尿病の人は正常な人の2〜3倍もこの病気になる可能性があり、また脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます。

脳梗塞・心筋梗塞も共に動脈硬化によって血流が止まるために起こりますが、糖尿病は動脈硬化の進行を早める恐れがあります。

動脈硬化が進むと血管中の血流が狭まって、血栓(血液の固まり)ができやすくなり、それにより血流がせき止められると、その先の細胞は酸素や栄養不足で間もなく死に至ります。これが「梗塞」です。
死んだ脳や心臓の細胞の働きは元には戻らず、後遺症が残ります。

糖尿病になると動脈硬化が起きやすくなる大きな原因は、動脈の内膜に大量のコレステロールが取り込まれてしまうことです。

血液中では、水に溶ける蛋白質が(水に溶けない)コレステロールを包んで「リポ蛋白」となっていますが、血糖値が高い時リポ蛋白が酸化されたり、ブドウ糖が結合したりして変化します。
リポ蛋白が血管の内膜に蓄積されプラークという塊を作り、そのために糖尿病があると動脈硬化が進行するのです。

脳梗塞では、「手足の麻痺・舌のもつれ・めまい・意識障害」などの症状が、心筋梗塞では、「激しい胸痛・呼吸がしにくい・顔面蒼白・冷や汗」 などの症状が表れ、時間とともに症状が深刻になります。
脳梗塞や心筋梗塞の発作が起こる前に、脳や心臓の血流の悪化を示す症状が現れることがありますので、その場合は早めに詳しい検査を受けてください。

脳梗塞や心筋梗塞は突然に起こり命が奪われる、あるいは助かっても後遺症が残ることもありますので、まずは動脈硬化の進行を防ぐことがもっとも大切です。
誰でも老化とともに動脈硬化は進行してしまいますが、進行を早める要因(気温の変化・タバコ・酒・ストレスなど)をできるだけ解消し、発作や進行を抑える予防対策をとるようにしましょう。

関連コンテンツ

糖尿病の治療〜シックデイ対策

人間の体は病気になると、血糖が上昇しますので、いつもの治療だけではコントロールが悪化することがありますので、糖尿病の人が他の病気になった時、それが風邪や腹痛・下痢など軽い病気でも油断は禁物、糖尿病と新・・・

糖尿病と骨粗しょう症について

骨粗しょう症とは「骨代謝」のバランスが崩れ、骨がもろくなる状態です。 骨の細胞には3種類(骨芽細胞、骨自体を維持する骨細胞、骨を壊す破骨細胞)あります。骨が古くなると破骨細胞が破壊(吸収)し、骨・・・

糖尿病患者は感染症にかかりやすい!

感染症とは、体内に侵入した細菌類が増殖して、様々な症状(「肺炎」「膀胱炎」「腎盂炎〈じんうえん〉」「皮膚炎」「歯肉炎」「風邪」など)を起こす病気のことです。 糖尿病患者の人は感染症にかかりやすく・・・

糖尿病の治療〜通風の予防

痛風は、血液中の尿酸の濃度「尿酸値」が高い状態が続く病気で、国内の痛風の人は約30〜50万、尿酸値が高い「無症候性高尿酸血症(痛風予備群)」の人は約 500万ほどです。 高尿酸血症は、遺伝的な体・・・

糖尿病の治療〜高血圧・動脈硬化

血液が流れる時に血管の内側にかかる圧力(血圧)が高くなった状態を「高血圧」といい、脳卒中や心筋梗塞などの病気も、糖尿病や高血圧の複合的な影響で動脈硬化が進行し発症するケースが多いです。 高血圧の患者・・・