糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療〜通風の予防

痛風は、血液中の尿酸の濃度「尿酸値」が高い状態が続く病気で、国内の痛風の人は約30〜50万、尿酸値が高い「無症候性高尿酸血症(痛風予備群)」の人は約 500万ほどです。

高尿酸血症は、遺伝的な体質がある上に様々な生活習慣が加わることで発病します。自覚症状はありませんが、治療せずにいると痛風発作やさまざまな合併症(腎臓障害」「尿路結石」「動脈硬化」など、糖尿病との関係では特に「動脈硬化」)が発症・進行します。

高尿酸血症を引き起こす生活習慣とは、過食・アルコール・運動不足・肥満・精神的ストレスなど糖尿病の場合と同じで、実際に糖尿病の人は尿酸値が高い人が多いようです。高尿酸血症の人は糖尿病や予備群になりやすいようです。逆に、高尿酸血症を治療することは糖尿病の予防につながります。

糖尿病と高尿酸血症の人に共通しているのは肥満。治療はまず減量から入ります。
減量を急ぐあまりカロリーを急激に減らすと、エネルギー源として脂肪が利用されケトン体が発生します(ケトーシス)。血液中のケトン体濃度が高くなると尿酸は排泄されにくくなり、細胞が壊れて核酸からプリン体が放出され尿酸値が上がりますので、水分とミネラルの摂取、適度な運動の継続により尿酸値(「6mg/dL以下」が目安)を下げましょう。

痛風ではなくても尿酸値が9mg/dL以上なら、痛風及び合併症予防のために薬物治療を行います。
痛風は様々な生活習慣病の併発が多く、動脈硬化も共有していて、痛風だけという人はわずか4%です。

最近、生活習慣病の発病には、インスリンが作用しにくくなる「インスリン抵抗性(遺伝的要素と生活習慣が要因)」が関係していることがわかってきましたが、高尿酸血症の発病にも、インスリン抵抗性が関わっている可能性があります。
尿酸値が高いと言われたら、痛風や他の合併症、動脈硬化の予防のためにも血圧や血糖値のコントロールを継続していきましょう。

関連コンテンツ

糖尿病の治療〜シックデイ対策

人間の体は病気になると、血糖が上昇しますので、いつもの治療だけではコントロールが悪化することがありますので、糖尿病の人が他の病気になった時、それが風邪や腹痛・下痢など軽い病気でも油断は禁物、糖尿病と新・・・

糖尿病と骨粗しょう症について

骨粗しょう症とは「骨代謝」のバランスが崩れ、骨がもろくなる状態です。 骨の細胞には3種類(骨芽細胞、骨自体を維持する骨細胞、骨を壊す破骨細胞)あります。骨が古くなると破骨細胞が破壊(吸収)し、骨・・・

糖尿病患者は感染症にかかりやすい!

感染症とは、体内に侵入した細菌類が増殖して、様々な症状(「肺炎」「膀胱炎」「腎盂炎〈じんうえん〉」「皮膚炎」「歯肉炎」「風邪」など)を起こす病気のことです。 糖尿病患者の人は感染症にかかりやすく・・・

糖尿病の治療〜脳梗塞・心筋梗塞

日本人の脳梗塞・心筋梗塞の発症率は増加の一途を辿っています。糖尿病の人は正常な人の2〜3倍もこの病気になる可能性があり、また脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます・・・

糖尿病の治療〜高血圧・動脈硬化

血液が流れる時に血管の内側にかかる圧力(血圧)が高くなった状態を「高血圧」といい、脳卒中や心筋梗塞などの病気も、糖尿病や高血圧の複合的な影響で動脈硬化が進行し発症するケースが多いです。 高血圧の患者・・・