糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療〜高血圧・動脈硬化

血液が流れる時に血管の内側にかかる圧力(血圧)が高くなった状態を「高血圧」といい、脳卒中や心筋梗塞などの病気も、糖尿病や高血圧の複合的な影響で動脈硬化が進行し発症するケースが多いです。
高血圧の患者数は国内で 3,000〜4,000万人といわれ、糖尿病も予備群を含め約2200万人に上ります。糖尿病の人のうち4〜6割は高血圧です。

血管が硬くなることと、血液の量が過多になるのが※高血圧になる理由です。

※高血圧の基準…最高血圧(心臓が収縮したときの血圧)が140mmHg以上、最低血圧(心臓が拡張したときの血圧)が90mmHg以上。

9割以上は原因特定不可の「本態性高血圧症」ですが、食習慣・肥満・ホルモン異常・遺伝などの要因も考えられます。また、他の病気のために高血圧になる「二次性高血圧症」もあります。

高血圧になると、血管の壁を傷つけ動脈硬化が進行し、そのまま放置すると脳卒中・心臓病・網膜症・腎疾患などの合併症が引き起こされますが、自覚症状が乏しいので定期検査及び適切な治療が必要です。

糖尿病で高血圧が問題になる理由
1.糖尿病で高血圧になりやすい…高血糖で血液量が増える、肥満の人が多い、インスリン抵抗性のため血管が広がりにくい、腎症で血圧があがる、など。
2.動脈硬化がより起こりやすい…糖尿病と高血圧が心臓病や脳血管疾患に及ぼす危険性は、糖尿病+高血圧で健康な人の6〜7倍になります。
3.糖尿病の合併症の進行が加速… 高血圧は腎症を進行させ、腎症は血圧を上昇させます。

糖尿病の人は、正常範囲上限付近の血圧でも治療の対象となり、130/85mmHg未満が望ましいです。また、糖尿病性腎症がある人(尿蛋白1g/日以上)では、125/75mmHg未満にすることが勧められます。
糖尿病も高血圧、まずは日常の生活習慣の改善と血糖のコントロールが重要です。

関連コンテンツ

糖尿病の治療〜シックデイ対策

人間の体は病気になると、血糖が上昇しますので、いつもの治療だけではコントロールが悪化することがありますので、糖尿病の人が他の病気になった時、それが風邪や腹痛・下痢など軽い病気でも油断は禁物、糖尿病と新・・・

糖尿病と骨粗しょう症について

骨粗しょう症とは「骨代謝」のバランスが崩れ、骨がもろくなる状態です。 骨の細胞には3種類(骨芽細胞、骨自体を維持する骨細胞、骨を壊す破骨細胞)あります。骨が古くなると破骨細胞が破壊(吸収)し、骨・・・

糖尿病患者は感染症にかかりやすい!

感染症とは、体内に侵入した細菌類が増殖して、様々な症状(「肺炎」「膀胱炎」「腎盂炎〈じんうえん〉」「皮膚炎」「歯肉炎」「風邪」など)を起こす病気のことです。 糖尿病患者の人は感染症にかかりやすく・・・

糖尿病の治療〜脳梗塞・心筋梗塞

日本人の脳梗塞・心筋梗塞の発症率は増加の一途を辿っています。糖尿病の人は正常な人の2〜3倍もこの病気になる可能性があり、また脳梗塞になった人の約半数、心筋梗塞になった人の約3分の1に糖尿病がみられます・・・

糖尿病の治療〜通風の予防

痛風は、血液中の尿酸の濃度「尿酸値」が高い状態が続く病気で、国内の痛風の人は約30〜50万、尿酸値が高い「無症候性高尿酸血症(痛風予備群)」の人は約 500万ほどです。 高尿酸血症は、遺伝的な体・・・