糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


網膜症とは(糖尿病の合併症)

糖尿病になって血糖コントロールを十分しないでいると、8年〜10年のうちに少しずつ発症するのが糖尿病網膜症という合併症です。
初期には自覚症状が少ないですが、早期発見であればあるほど治療の成功率が高くなりますので、精密眼底検査を習慣づけましょう。

網膜とは目の奥にあり、カメラでいうフィルムの役目をする部分です。網膜は光や色を感じて脳に伝達する役割があり、無数の細かい血管が広がっています。
糖尿病になると、粘性の強くなった血液がこの毛細血管を詰まらせたり血管の壁に負担をかけたりして「細小血管症」を起こしてしまい、それにより網膜の酸素や栄養が不足して眼底出血やガラス体出血などの網膜症が起こります。


また糖尿病の目の病気は、ほかに「白内障」「血管新生緑内障」などがあります。

糖尿病による「白内障」は、カメラでいうレンズである水晶体に糖分が蓄積され白く濁ってしまうものです。治療方法は、水晶体を取り出してプラスチック製の眼内レンズを入れるというものですが、重傷の場合はこれも出来ません。

カメラの絞りにあたる「虹彩」の周りには目の潤滑のため水が流れる構造になっていますが、ここに新生血管ができるのが「血管新生緑内障」です。


網膜症は進行にしたがい、「単純網膜症」「前増殖網膜症」「増殖網膜症」の3段階に分けられます。重傷になると新生血管のために隅角が詰まり、その結果眼圧が高くなり視神経が圧迫されて視力は低下し、失明してしまうことも。

初期の「単純網膜症」の段階ならば、血糖コントロールを上手に保てば治癒しますが、前増殖網膜症」の段階では「レーザー光凝固術」、「増殖網膜症」では「硝子体手術」といった外科的手術が必要です。

現在では、レーザー光凝固術など治療が進歩しましたが、それでも予防の鍵になるのは「血糖コントロール」です。良好な血糖値を保った人は、網膜症が発病しにくいことがわかっています。

関連コンテンツ

糖尿病の合併症3〜糖尿病性腎症について

今回は糖尿病の合併症の一つ、糖尿病性腎症についてお話します。 腎臓は糸球体という細小血管塊が集まった組織で、血液が運んできた体内の老化物をろ過する役割があり、左右の腎臓にはこの糸球体が100万個・・・

神経障害とは(糖尿病の合併症)

糖尿病の「腎症」「網膜症」と並ぶ合併症に「神経障害」があります。 症状は、「手足のしびれ・痛み」「感覚の鈍化・麻痺」「下痢・便秘」「立ちくらみ」「味覚障害」「発汗異常」「尿障害」など。 腎症や網膜・・・