糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療〜ストレス

社会構造の急激な変化などによるストレスは誰にとっても好ましいものではありませんが、特に糖尿病の人には悪影響を及ぼします。
例えば、「ストレスで血糖値が高くなる」「ストレス解消のための過食で、血糖コントロールが乱れる」「ストレスが原因でうつになる」などです。

また、「QOL(QOL:quality of life=クオリティー・オブ・ライフ。生活の質や満足度)障害によるストレス」というのもあります。
これは「食べたいのに食べられない」「定期的な通院」「薬物療法をしている場合の低血糖」「合併症がある場合の症状」というものです。

糖尿病(病気)と診断されると、人間やはりすぐに冷静さを失いに落ち込んだり怒ったりという「現実を受け入れられない、否定する」という状態になります。
冷静に病気を受け止めるにはそれなりに時間が必要です。怒りや否認などを経て、あきらめの段階を経て、ようやく「糖尿病を受け入れる」「どうすればよいのか」と前向きに病気と付き合っていくことが出来るようになるでしょう。

また、「うつによる糖尿病」というのもあります。
うつ状態では、空腹時に血糖値が正常な人でも食後に血糖値が高くなりやすく、また血糖変動が正常でも血中インスリン濃度が高いことがわかりました。うつによって血糖値が上がる原因は、インスリン抵抗性にあることがこれによりわかります。

うつから糖尿病になった人の多くが、血中インスリン濃度が高い「高インスリン血症」の状態です。
この場合ですと、インスリンの量は十分ありますので、まずはうつの治療を進めることが先決です。うつが治ると血糖値も正常範囲に戻ります。

関連コンテンツ

糖尿病の治療〜健康維持

糖尿病患者の方にとって健康維持は大変重要です。 厚生労働省が毎年行っている「中高年への調査」というのがあり、病気や生活習慣改善への取組みによる健康状態を分かりやすく示しています。 これによる・・・

妊娠・出産する糖尿病患者の注意点

糖尿病は慢性の病気ですが、血糖のコントロールがきちんとなされ、合併症に注意さえしていれば安静や療養が必要な病気ではありませんので、結婚生活はもちろん糖尿病患者でも妊娠・出産も可能です。 妊娠前か・・・

糖尿病の治療〜低血糖の対処法

糖尿病では低血糖は、食事の量が少ない時や間隔をあけすぎた時、運動量が多かった時、薬の量を間違えた時などに、インスリンを薬や注射で補充しても体の必要量に足りずに起こります。 健康な人は、血糖値が下・・・

糖尿病の治療〜血糖自己測定

血糖をコントロールすることが糖尿病の治療における基本です。しかし、血糖の動きは常に一定とは限らず、薬を使うことによりさらに複雑になります。 特にインスリン療法では、血糖の状態によってインスリンや・・・