糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


妊娠・出産する糖尿病患者の注意点

糖尿病は慢性の病気ですが、血糖のコントロールがきちんとなされ、合併症に注意さえしていれば安静や療養が必要な病気ではありませんので、結婚生活はもちろん糖尿病患者でも妊娠・出産も可能です。

妊娠前から出産後まで、血糖値をキープすることが第一条件となりますので、パートナーに糖尿病の正しい理解と知識を持ってもらうことが必要です。
コントロールが悪く合併症を放置したまま妊娠すると、「糖尿病性網膜症」が進み、「妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)」などのトラブルが起こる可能性があり、赤ちゃんには奇形の影響や難産の心配もあります。

妊娠前に合併症などを主治医のもとでチェックし、血糖値を正常な人と変わらない状態まで治療してから「計画妊娠」を行うと安心ですね。


<注意すべきこと>
1.「妊娠高血圧症候群(旧「妊娠中毒症」・妊娠よる高血圧が原因だと分かり名称変更)」…妊娠によって高血圧や尿タンパクなどが現れた状態をいい、子宮内胎児死亡の原因にもなる「胎盤の早期剥離」が起きやすい。食事は低塩分(1日10g以下)・低カロリー・高タンパク心がけましょう。

2.「羊水過多症」…羊水は妊娠後半から徐々に減りますが、母体の血糖が高いと羊水が多いままになりやすく、これを「羊水過多症」といいます。診断を受けたら、早産予防のため安静入院となります。

3.「膀胱炎・腟炎・腎盂炎などの感染症」…妊娠するとかかりやすく、糖尿病の妊婦さんは特に発症率が高い傾向にあります。腎盂炎は腎機能を悪化させますので注意が必要。

合併症もなく血糖を良好にコントロールしていれば、自然分娩は十分可能です。とはいえ正常な人よりリスク高いので、「糖尿病の専門医」「産後の対応が適切にできる新生児科医」などが充実した病院で出産してください。

安産のために一番大切なことはやはり日常の血糖コントロール。自己管理を十分に行ってください。

関連コンテンツ

糖尿病の治療〜健康維持

糖尿病患者の方にとって健康維持は大変重要です。 厚生労働省が毎年行っている「中高年への調査」というのがあり、病気や生活習慣改善への取組みによる健康状態を分かりやすく示しています。 これによる・・・

糖尿病の治療〜ストレス

社会構造の急激な変化などによるストレスは誰にとっても好ましいものではありませんが、特に糖尿病の人には悪影響を及ぼします。 例えば、「ストレスで血糖値が高くなる」「ストレス解消のための過食で、血糖コン・・・

糖尿病の治療〜低血糖の対処法

糖尿病では低血糖は、食事の量が少ない時や間隔をあけすぎた時、運動量が多かった時、薬の量を間違えた時などに、インスリンを薬や注射で補充しても体の必要量に足りずに起こります。 健康な人は、血糖値が下・・・

糖尿病の治療〜血糖自己測定

血糖をコントロールすることが糖尿病の治療における基本です。しかし、血糖の動きは常に一定とは限らず、薬を使うことによりさらに複雑になります。 特にインスリン療法では、血糖の状態によってインスリンや・・・