糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療〜低血糖の対処法

糖尿病では低血糖は、食事の量が少ない時や間隔をあけすぎた時、運動量が多かった時、薬の量を間違えた時などに、インスリンを薬や注射で補充しても体の必要量に足りずに起こります。

健康な人は、血糖値が下がるとグルカゴンなどの「拮抗ホルモン」が分泌され、正常値(70mg/dL 以上)に保っていますが、糖尿病では拮抗ホルモンの分泌能力も低下し、正常値に戻せません。

血糖値が下がりすぎる(「53mg/dL」くらい)で、 発汗・火照り・動悸・吐きけなどの「自律神経症状」、つまり低血糖に対する「警告サイン」が出ます。
「48mg/dL」くらいで、錯乱・脱力・眠気・めまい・ろれつが回らないなどの「中枢神経症状」が起こり、ここでも糖分を補給しないと意識障害が起き、低血糖昏睡から最悪の場合は死に至ります。

低血糖の症状や範囲は個人差が大きく、一概にどれが最初のサインかはわかりません。低血糖を経験したら症状を記録しておきましょう。
怖いのは、高度の低血糖を起こすと「警告サイン」が出ないうちに意識障害のほうが起こってしまう場合があるということ。ただし、その後1〜2ヶ月間、低血糖を起こさなければ、症状も軽くなるので、日頃から低血糖状態を繰り返さないよう心がけましょう。


低血糖の対処方法

症状が現れたら、まずブドウ糖を10〜15g飲み込んで安静にし、余裕があれば血糖値を測り低血糖状態であることの確認をしましょう。

15分ほど経っても回復しない場合は、さらに同量を追加します。意識障害が出てしまたら、周囲の人に処置してもらいます(そのために日頃から家族や職場の人にも対応を頼んでおくことが必要)。
この場合はブドウ糖水やグルカゴン注射で対応しますが、5分以内で回復しない場合は、主治医に連絡を取ります。

低血糖はいつ起きるかわかりませんので、適切な対応と合併症の予防、血糖値の改善に努めてください。

関連コンテンツ

糖尿病の治療〜健康維持

糖尿病患者の方にとって健康維持は大変重要です。 厚生労働省が毎年行っている「中高年への調査」というのがあり、病気や生活習慣改善への取組みによる健康状態を分かりやすく示しています。 これによる・・・

糖尿病の治療〜ストレス

社会構造の急激な変化などによるストレスは誰にとっても好ましいものではありませんが、特に糖尿病の人には悪影響を及ぼします。 例えば、「ストレスで血糖値が高くなる」「ストレス解消のための過食で、血糖コン・・・

妊娠・出産する糖尿病患者の注意点

糖尿病は慢性の病気ですが、血糖のコントロールがきちんとなされ、合併症に注意さえしていれば安静や療養が必要な病気ではありませんので、結婚生活はもちろん糖尿病患者でも妊娠・出産も可能です。 妊娠前か・・・

糖尿病の治療〜血糖自己測定

血糖をコントロールすることが糖尿病の治療における基本です。しかし、血糖の動きは常に一定とは限らず、薬を使うことによりさらに複雑になります。 特にインスリン療法では、血糖の状態によってインスリンや・・・