糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療法〜薬物療法(経口剤)

薬物療法は、「経口剤療法」を選択する場合もあります。注射に比べて抵抗感がない、血糖値があまり高くなければ経口剤だけでも効果がある、簡単さなどが理由です。
大半は「経口剤(経口血糖降下剤)」で治療します。
経口剤は、食事療法と運動療法を守っているのに血糖コントロールが改善しない2型糖尿病の人に有効です。

主なものは「スルフォニル尿素剤(SU剤)」「ビグアナイド剤(BG剤)」「α- グルコシダーゼ阻害剤」「速効型インスリン分泌促進剤」「インスリン抵抗性改善剤」の5タイプ。

1.SU剤を継続していると次第に薬の効果がうすれてくる「二次無効」という状態になることがあり、その場合は食事・運動療法を再確認して他の経口剤を併用またはインスリン療法へ移行します。
2.BG剤は、※副作用が強く出る恐れがあります。低血糖による副作用が出たら主治医に報告を。
※薬の作用が強すぎたり、食事時間が遅れたり、運動量が多かったりしたときに「低血糖」(ふるえ・動悸・発汗・脱力感・眠気など)が起こります。症状が出たらすぐに血糖値を上げる必要がありますので、常にブドウ糖や砂糖などを携帯してください。
3.「α-グルコシダーゼ阻害剤」は糖質の分解吸収を遅らせる薬。服用している時の低血糖では迅速に血糖値を上げてください。

お酒も控えましょう(肝臓の働きが低下し薬が体内に蓄積して低血糖を起こしやすくなります)。
少量から服用を始め血糖値の動きとともに量を加減し血糖コントロールが安定しても、定期検査で効果を確かめていきます。食事・運動療法を並行していくことで、薬の減量または不要になってくる可能性もあります。

関連コンテンツ

糖尿病の治療法〜薬物療法(インスリン療法)

すい臓からのインスリンの分泌は、24時間一定量が出る「基礎分泌」と、食事などの血糖値上昇のタイミングで出る「追加分泌」があり、インスリン療法は、糖尿病のタイプや症状によって、内容が違ってきます。 ・・・

糖尿病の治療法〜運動療法は効果的2

糖尿病の運動療法とは、日常のちょっとした動きを増やしたり、家事やウォーキングなど毎日続けられる軽めの運動を増やすだけでも効果はあり、無理に本格的なスポーツを始めなければいけないというわけではありません・・・

糖尿病の治療法〜運動療法は効果的1

糖尿病治療の有力手段は「食事療法」「薬物療法」だけではなく、動脈硬化予防や老化防止にもなる「運動療法」も効果的です。特に2型糖尿病で血糖コントロールが安定している人の場合、食事療法とセットで行うと様々・・・

糖尿病の食事療法〜外食はこうやって楽しんで!

食事は外食が多いでしょうか?それとも自炊派? 自分で作る場合、食品交換表などで食品のエネルギーや栄養素などをよく理解し、それぞれ自分にあったエネルギー量をバランス良く摂ることが出来ます。食材の調理に・・・

糖尿病の治療法〜食事療法

ほとんどの病気は生活習慣、特に偏った食生活が原因となる場合が多く、まずはこれを改善しなければなりません。 糖尿病の食事療法もとても重要です。 食物として体内に入った栄養分=ブドウ糖は生きて行く・・・