糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の治療法〜食事療法

ほとんどの病気は生活習慣、特に偏った食生活が原因となる場合が多く、まずはこれを改善しなければなりません。
糖尿病の食事療法もとても重要です。

食物として体内に入った栄養分=ブドウ糖は生きて行く上でのエネルギーとして利用されますが、この時に必要なインスリンが様々な原因で不足してしまうと、利用されないブドウ糖が血液中にあふれてしまい、高血糖、あるいは糖尿病やその合併症の原因にもなってしまいます。
そうならないためには、栄養素のバランスやカロリー(食事の質)を見直す必要があります。

1日の摂取エネルギーに合った量、そして三大栄養素(炭水化物・たんぱく質・脂質)とビタミン・ミネラルといった体調を整えるために必要な栄養素を偏ることなく摂る。それが食事療法です。
これは、糖尿病だけでなく、あらゆる生活習慣病の予防にもつながります。

食事療法の際、まずは食品の栄養素とエネルギー量を知り、選ぶ際にもそれを考慮しつつ選ばなければなりません。よく食べる食品から約500種を選び、交換可能な食物の範囲を示した表、「糖尿病食事療法のための食品交換表」(日本糖尿病学会)というものがありますので、これを活用してみてください。
これを目安にすれば、食事を作る際に献立で悩むこともありません。

とは言え、いちいち計算するのは面倒なものです。ひとつ慣れるコツがあります。
「必要なエネルギー・栄養量」を算出し、「80kcal=1単位(交換表の基準)」となっていますので、単位として計算するとよいでしょう。ちなみに、ご飯をお茶碗に軽く1杯でおよそ2単位となります。
前もって1日に必要なエネルギー量をまず単位に換算しておくと分かり易いですね。
その上で、自分の食べたいものと照らし合わせながら、また季節の変化や旬のものも取り入れつつ献立表をアレンジして、バラエティーに富んだ「食事療法」を実践していってください。

無理なく楽しく、これが長続きのコツです。

関連コンテンツ

糖尿病の治療法〜薬物療法(経口剤)

薬物療法は、「経口剤療法」を選択する場合もあります。注射に比べて抵抗感がない、血糖値があまり高くなければ経口剤だけでも効果がある、簡単さなどが理由です。 大半は「経口剤(経口血糖降下剤)」で治療しま・・・

糖尿病の治療法〜薬物療法(インスリン療法)

すい臓からのインスリンの分泌は、24時間一定量が出る「基礎分泌」と、食事などの血糖値上昇のタイミングで出る「追加分泌」があり、インスリン療法は、糖尿病のタイプや症状によって、内容が違ってきます。 ・・・

糖尿病の治療法〜運動療法は効果的2

糖尿病の運動療法とは、日常のちょっとした動きを増やしたり、家事やウォーキングなど毎日続けられる軽めの運動を増やすだけでも効果はあり、無理に本格的なスポーツを始めなければいけないというわけではありません・・・

糖尿病の治療法〜運動療法は効果的1

糖尿病治療の有力手段は「食事療法」「薬物療法」だけではなく、動脈硬化予防や老化防止にもなる「運動療法」も効果的です。特に2型糖尿病で血糖コントロールが安定している人の場合、食事療法とセットで行うと様々・・・

糖尿病の食事療法〜外食はこうやって楽しんで!

食事は外食が多いでしょうか?それとも自炊派? 自分で作る場合、食品交換表などで食品のエネルギーや栄養素などをよく理解し、それぞれ自分にあったエネルギー量をバランス良く摂ることが出来ます。食材の調理に・・・