糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の予防〜肥満体質は特に注意!

肥満とは何か?
具体的には、「エネルギーの摂取と消費のバランスが崩れ、必要以上に体脂肪が増えた状態」です。
現代人は、食べ過ぎや運動不足で肥満になる傾向があります。
肥満により軽い糖尿病状態になる場合がありますが、早めの対処により正常に戻せます。
しかし、そのまま放置していると糖尿病になってしまいます。この肥満が原因の糖尿病を「肥満糖尿病」といい、患者数は2型糖尿病の6割以上になります。
肥満は私たちの体にとって異常事態であり、糖尿病や動脈硬化症などの生活習慣病にかかるリスクを高めてしまいますので侮ってはいけません。

最近一般的になった体脂肪の測定方法には、体脂肪だけを簡単かつ正確に測定できるBMI(ボディーマス指数)というのがあります。
「体重 (kg) ÷身長 (m) ÷身長 (m)」で計算します。

この数値が18.5未満なら「やせている」、18.5〜25.0なら「普通」、25.0以上ですと「肥満」となります。

また、身長から標準体重を出すには、
「身長 (m) ×身長 (m) ×22(理想体重)=標準体重」で計算します。

この数値が25以上で生活習慣病にかかる危険性をはらんだ「肥満」ということになり、27を超えると糖尿病になる危険が2倍になってしまいます。

では、なぜ肥満が糖尿病を起こすのでしょうか?
肥満になると、この異常事態に対応する為に糖代謝を支えるすい臓を始めとする各組織がフル回転するようになりますが、この状態が長く続くと負担もそれだけ大きくなりますから異常が次々と起こり始め、やがて糖代謝のサイクルが狂ってきてしまいます。
このような事態が重なって、糖尿病などの生活習慣病は引き起こされます。
肥満は病の大もとです。まずは肥満にならないために生活習慣の改善から始めてはいかがでしょう。

関連コンテンツ

糖尿病の予防〜食事療法でダイエット

体重を減らすことによって、細胞が持っているインスリンの感受性(働き)を回復させ、正常な血糖値を取り戻すことができます。日本人の場合、まず5kg 減らすだけで、インスリンの感受性や血糖コントロールが改善・・・

高血糖と診断されたら

検査で高血糖といわれたら、まず、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。最初に食事や運動など日常生活についての指導を受け、定期的に血糖値の検査を受けるようにします。そして糖尿病と診断されてしまったら、・・・

糖尿病の検査はお早めに!

次に、糖尿病の検査とはどのようなものなのでしょうか。 1.普段の血糖値を測ります。 2.空腹時の血糖値を測ります。 3.ブドウ糖(75g)を飲んで、2時間後の血糖値を測ります。 この3つの・・・

糖尿病の症状チェックをしよう!

では、糖尿病にかかりやすいタイプかどうか、ちょっと症状をチェックしてみましょう。 ⇒太り気味である。 ⇒40歳以上である。 ⇒最近、運動不足である。 ⇒お酒をよく飲む、量も多い。 ・・・