糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の検査はお早めに!

次に、糖尿病の検査とはどのようなものなのでしょうか。

1.普段の血糖値を測ります。
2.空腹時の血糖値を測ります。
3.ブドウ糖(75g)を飲んで、2時間後の血糖値を測ります。
この3つのうちのどれかに異常値が出たら、別の日にもう一度検査をします。
再検査時にまた異常値が出たら、ほぼ糖尿病ということになります。

「糖尿病型」と判定される結果

1.普段の血糖値が、200mg/dL 以上。
2.空腹時の血糖値が、126mg/dL 以上。
3.75g ブドウ糖負荷試験で、2時間後の値が、200mg/dL 以上。

検査で「糖尿病の疑い」が強く、次の症状が見られるときは、1回だけの検査でも糖尿病と診断されます。

1.糖尿病の典型的症状(口が渇く・水分を多くとる・多尿・体重が減少)がある。
2.グリコヘモグロビン(HbA1c)が、6.5%以上(グリコヘモグロビンとは、赤血球の中のヘモグロビン(血色素)にブドウ糖が結合したもの)。
3.糖尿病網膜症が見られる。
4.現在「糖尿病の疑い」が強く、過去に高血糖を示したことがある。
2.のグリコヘモグロビンの基準値は4.3〜5.8%で、6.5%以上だと糖尿病と診断されます。いったん結合すると離れないので1〜2ヶ月前の血糖状態が分かります。

糖尿病だと診断された場合は、血糖値や合併症の程度、肥満の状態などを総合的に見て、治療方法が決められます。血糖値があまり高くなくて、合併症もない場合は、薬は使わず、定期検査をして血糖値の上下を調べるだけになりますが、血糖値のコントロールができるのであれば、日常生活は全く問題ありません。

もちろん、肥満・高脂血症などがあれば、それらを改善するような治療が必要になってきますので、職場や地域の健康診断になどで糖尿病の検査を毎年必ず受けるようにして、年ごとの経過がわかるようにしておくとよいでしょう。

関連コンテンツ

糖尿病の予防〜食事療法でダイエット

体重を減らすことによって、細胞が持っているインスリンの感受性(働き)を回復させ、正常な血糖値を取り戻すことができます。日本人の場合、まず5kg 減らすだけで、インスリンの感受性や血糖コントロールが改善・・・

糖尿病の予防〜肥満体質は特に注意!

肥満とは何か? 具体的には、「エネルギーの摂取と消費のバランスが崩れ、必要以上に体脂肪が増えた状態」です。 現代人は、食べ過ぎや運動不足で肥満になる傾向があります。 肥満により軽い糖尿病状態にな・・・

高血糖と診断されたら

検査で高血糖といわれたら、まず、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。最初に食事や運動など日常生活についての指導を受け、定期的に血糖値の検査を受けるようにします。そして糖尿病と診断されてしまったら、・・・

糖尿病の症状チェックをしよう!

では、糖尿病にかかりやすいタイプかどうか、ちょっと症状をチェックしてみましょう。 ⇒太り気味である。 ⇒40歳以上である。 ⇒最近、運動不足である。 ⇒お酒をよく飲む、量も多い。 ・・・