糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の予防〜高齢者の6人に1人!

糖尿病の人の数は、最近の調査で、60歳以上の6人に1人という驚くべき数になっていて、また加齢とともに糖尿病性の合併症が多くなり、いくつもの病気に苦しむ人がたくさんいます。

その他に、高齢者の糖尿病の特徴としては、次のようなものが上げられます。

1.インスリンの効果が加齢とともに低下し、血糖値が高くなる。
2.家族への遠慮や諦めなどで、治療への意欲が少なくなる。
3.動脈硬化症が、進行しやすい。
4.自覚症状が出にくく、異常があっても見落としやすい。
5.生活習慣を、変えられない。
6.腎機能の低下で尿糖が血糖値の割に少なく、薬剤の蓄積が起こりやすい。

「食事療法」がうまくいかない背景には、「食習慣が変えられない」「歯や義歯の問題」「食品交換表が使いこなせない」などが、「運動療法」も、心肺機能や膝関節などに問題を抱えている場合が多くあります。

また「薬物療法」も、「薬の排泄が遅れる」「病気の数に伴って薬の種類が増える」などの問題があります。高齢者の場合、ちょっとしたことで体調を崩し、シックデイになることが多いものです。

高齢であってもよい状態の維持(コントロール)に努めていけば、合併症を免れるだけではなく、精神的負担も軽くなりますので、高齢者だからとあきらめてはいけません。

どのような病気でも、予防して大事に至る前に、軽症のうちに治すことがもっとも大切なのは言うまでもありません。糖尿病及びその合併症は自覚症状が乏しく異常に気づきにくいのですが、血液検査を始め眼底検査・動脈硬化などの検査を定期的に行い、糖尿病を管理することが一番大切です。

関連コンテンツ

糖尿病3大合併症に注意!

糖尿病になってしまっているにも関わらず血糖コントロールや治療をしないままでいると、糖尿病を発症してから10〜15年で「3大合併症」(「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」)を発症してしまう可・・・

糖尿病の現状と合併症

2007年の調査データ(厚生労働省発表)では、日本国内の糖尿病の患者さんは約890万人、糖尿病予備群の人が約1320万人、合計すると全国に約2210万人いると推定されています。 これは1997年(1・・・

糖尿病の種類〜1型・2型糖尿病など

「糖尿病」には、いくつかのタイプがあります。 ◆原因による分類 1.「1型糖尿病」…すい臓のインスリンを作る細胞(β細胞)が壊れて、インスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。 子・・・

糖尿病とは?その原因

糖尿病の原因についてお話しする前に、まず最近何かと話題にあがる「メタボリック」や「生活習慣病」の実体についてみてみましょう。 運動不足や塩分や脂肪分の多い食生活など、毎日の良くない生活習慣の積み・・・