糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病の種類〜1型・2型糖尿病など

「糖尿病」には、いくつかのタイプがあります。

◆原因による分類

1.「1型糖尿病」…すい臓のインスリンを作る細胞(β細胞)が壊れて、インスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。
子どもの頃に発症することが多く、かつては「小児糖尿病」とか、「インスリン依存型糖尿病」と呼ばれていました。

2.「2型糖尿病」…わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプです。食事・運動などの生活習慣から発症する場合が多いです。
さらに、「インスリンの出る量が少なくなって起こるもの」と、「インスリンの働きが悪くなり、肝臓や筋肉などの細胞がブドウ糖をうまく吸収できなくなって起こるもの」があります。

3.「遺伝子異常」…「糖尿病の遺伝子だけを優性遺伝するもの」が6種類、「ミトコンドリア遺伝子異常」「インスリン受容体異常症」などがあります。
「続発性糖尿病」とは、感染症・免疫の異常・肝臓やすい臓の病気など、他の病気が原因となって引き起こされるものや、薬そのものが原因となるものがあります。

4.「妊娠糖尿病」…妊娠中に増加するホルモンの作用により、血糖値が異常になる症状をいいます。
一般的には、出産後に改善しますが、改善しない場合は胎児への影響があるため、注意が必要です。

◆程度による分類

1.「生存のためにインスリン治療が必要」…インスリンが絶対的に不足している為に体外から補給が欠かせない状態。1型糖尿病のほとんどがこれに該当。
「高血糖改善のためにインスリン治療が必要」…インスリン治療が必須ではないが、血糖コントロールのために必要な状態。

2.「インスリン治療は不要」…食事療法・運動療法・投薬による治療で血糖コントロールが可能な状態。2型糖尿病の多くがこれに該当。

関連コンテンツ

糖尿病の予防〜高齢者の6人に1人!

糖尿病の人の数は、最近の調査で、60歳以上の6人に1人という驚くべき数になっていて、また加齢とともに糖尿病性の合併症が多くなり、いくつもの病気に苦しむ人がたくさんいます。 その他に、高齢者の糖尿・・・

糖尿病3大合併症に注意!

糖尿病になってしまっているにも関わらず血糖コントロールや治療をしないままでいると、糖尿病を発症してから10〜15年で「3大合併症」(「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」)を発症してしまう可・・・

糖尿病の現状と合併症

2007年の調査データ(厚生労働省発表)では、日本国内の糖尿病の患者さんは約890万人、糖尿病予備群の人が約1320万人、合計すると全国に約2210万人いると推定されています。 これは1997年(1・・・

糖尿病とは?その原因

糖尿病の原因についてお話しする前に、まず最近何かと話題にあがる「メタボリック」や「生活習慣病」の実体についてみてみましょう。 運動不足や塩分や脂肪分の多い食生活など、毎日の良くない生活習慣の積み・・・