糖尿病〜治療・症状・予防から食生活まで!のTOPに戻る


糖尿病とは?その原因

糖尿病の原因についてお話しする前に、まず最近何かと話題にあがる「メタボリック」や「生活習慣病」の実体についてみてみましょう。

運動不足や塩分や脂肪分の多い食生活など、毎日の良くない生活習慣の積み重ねや、内蔵型肥満、すなわち「メタボリック・シンドローム(症候群)」により引き起こされるのが「生活習慣病」(「糖尿病」「脳卒中」「心臓病」「高脂血症」「高血圧」「肥満」などの総称)です。

この生活習慣病は年々増加傾向にあり、日本人の死因の3分の2近くを占めていると言われていますから、もはや人ごとではありません。
中でも特に増加しているのが「糖尿病」です。馴染み深い名前ですが果たしてどんな病気なのでしょうか?具体的に見てみましょう。

食べ物は「炭水化物」「脂質」「たんぱく質」、いわゆる『三大栄養素』から成っています。私たちはこの三大栄養素を食事により摂り、消化吸収することで活動エネルギーを作り出しています。
なかでも特にエネルギー源の中心となるのが「炭水化物」です。
体内で消化・吸収された炭水化物は「ブドウ糖」となって肝臓へ送られ脳や筋肉などで利用された後、残ったものはグリコーゲンとして蓄えられます(余った分は脂肪になります)。

体が活動して血液中のブドウ糖を消費すると、蓄えられていたグリコーゲンが分解され、再びブドウ糖となって血液中に放出されます。この時ブドウ糖の吸収を手助けするのが、すい臓で作られる「インスリン」というホルモン。インスリンによって活動エネルギーが常に維持され、血液中のブドウ糖濃度(=血糖値)は一定の範囲内におさまっています。

このインスリンが不足したり働きが悪くなったりしてブドウ糖がうまく細胞に運ばれなくなると、筋肉や内臓がエネルギーを吸収できなくなり、血液中のブドウ糖濃度は高くなったままになります。その状態が継続してしまっている状態が「糖尿病」というわけです。

関連コンテンツ

糖尿病の予防〜高齢者の6人に1人!

糖尿病の人の数は、最近の調査で、60歳以上の6人に1人という驚くべき数になっていて、また加齢とともに糖尿病性の合併症が多くなり、いくつもの病気に苦しむ人がたくさんいます。 その他に、高齢者の糖尿・・・

糖尿病3大合併症に注意!

糖尿病になってしまっているにも関わらず血糖コントロールや治療をしないままでいると、糖尿病を発症してから10〜15年で「3大合併症」(「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」)を発症してしまう可・・・

糖尿病の現状と合併症

2007年の調査データ(厚生労働省発表)では、日本国内の糖尿病の患者さんは約890万人、糖尿病予備群の人が約1320万人、合計すると全国に約2210万人いると推定されています。 これは1997年(1・・・

糖尿病の種類〜1型・2型糖尿病など

「糖尿病」には、いくつかのタイプがあります。 ◆原因による分類 1.「1型糖尿病」…すい臓のインスリンを作る細胞(β細胞)が壊れて、インスリンの量が絶対的に足りなくなって起こります。 子・・・